FUMIO YASUDA NEWS

2018/11/14 POEM OF A CELL Vol. 3 リリースされました
  POEM OF A CELL Vol. 3 Divine Love
ポエム・オブ・ア・セル Vol.3 神の愛

リリースのお知らせ

ボンバレコードにて購入出来ます。
Winter and Winter Record (Germany)
価格:2,268円

 こちらから購入いただけます。↓

http://winterandwinter.cart.fc2.com/ca209/1391/p-r-s/



1. Eternal Love
永遠の愛

Composition: Fumio Yasuda
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Joachim Badenhorst: [clarinet], Fumio Yasuda [piano]
作曲:安田芙充央 
演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、
ヨアヒム・バーデンホルスト(クラリネット)
安田芙充央(ピアノ)


2. Agnus Dei [Requiem op. 48]
神の小羊(レクイエム op.48)

Composition: Fumio Yasuda after Gabriel Fauré
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Kettwiger Bach-Ensemble, Wolfgang Kläsener [conductor]
作曲:安田芙充央 フォーレを基に
演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、ケットヴィガー・バッハ・アンサンブル 
指揮ヴォルフガング・クレスナー



3.Cum Dederit
主は愛する者に眠りを与え給う

Arrangement: Stefan Winter after a fragment from Antonio Vivaldi
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Joachim Badenhorst: [clarinet]
編曲:ステファン・ウィンター 
ヴィヴァルディの 断片を基に
演奏:演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、ヨアヒム・バーデンホルスト(クラリネット)


4. Unity with the divine
神聖なるものとの一体化

Composition: Fumio Yasuda, Lyrics: Stefan Winter after Rabi’a of Basra
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Joachim Badenhorst: [clarinet], Fanny Winter [voice], Fumio Yasuda [piano]
作曲:安田芙充央 歌詞:ステファン・ウィンター 
バスラのラビアを基に
演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、
ヨアヒム・バーデンホルスト(クラリネット)、ファニー・ウィンター(ヴォイス)、安田芙充央(ピアノ)


5. In Paradisum [Requiem op. 48]
楽園にて(レクイエム op. 48)

Composition: Fumio Yasuda after Gabriel Fauré
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Kettwiger Bach-Ensemble, Wolfgang Kläsener [conductor]
作曲:安田芙充央 フォーレを基に
演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、
ケットヴィガー・バッハ・アンサンブル 
指揮ヴォルフガング・クレスナー


6. Pie Jesu [Requiem op. 48]
慈悲深いイエスよ(レクイエム op. 48)

Composition: Fumio Yasuda after Gabriel Fauré
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Kettwiger Bach-Ensemble, Wolfgang Kläsener [conductor], Fanny Winter [voice]
作曲:安田芙充央 フォーレを基に
演奏:フォルマ・アンティクァ 指揮アーロン・ザピコ、
ケットヴィガー・バッハ・アンサンブル 指揮ヴォルフガング・クレスナー、ファニー・ウィンター(ヴォイス)


7. Ni Wege Tu [You are the one]
 あなたが全て

Composition: Saada Nassor, Rajab Suleiman
Lyrics: Mohamed Ahmed based on the Poem „Unity with the divine“
by Stefan Winter after Rabi’a of Basra
Saada Nassor [vocals], Rajab Suleiman [qanun]
作曲:サーダ・ナッソール、ラジャブ・スレイマン 
歌詞:モハメッド・アーメッド 
バスラのラビアを基にしたステファン・ウィンターの詩
「神との一体化」を基に 
演奏:サーダ・ナッソール(ヴォーカル)
ラジャブ・スレイマン(カヌーン) 


   8. Battle over Aleppo
アレッポの争い

Composition: Fumio Yasuda
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
Joachim Badenhorst: [clarinet], Fumio Yasuda [piano]
作曲:安田芙充央 演奏:フォルマ・アンティクァ 
指揮アーロン・ザピコ、
ヨアヒム・バーデンホルスト(クラリネット)
安田芙充央(ピアノ)


9. Fragment of Choral
コラールの断片

Composition: Fumio Yasuda
Forma Antiqva, Aarón Zapico [conductor]
作曲:安田芙充央 演奏:フォルマ・アンティクァ 
指揮アーロン・ザピコ


2018/11/21 ポエム オブ ア セル上演
2017年7月スペインのサンセバスチャン ハイネケン・ジャズ・フェスティバルでワールド・プレミアされた衝撃作!
マルチ・チャンネル・フィルムによるサウンド・インスタレーション「Poem of Cell」が
ミュンヘン、イスラエル・ハイファ, フランス・ボルドーでの上演を経ていよいよ東京初演!

SOUND AND MULTI-CHANNEL FILM INSTALLATION

Stefan Winter
»Gedicht einer Zelle (Poem of a Cell)«

JAPAN: Tokyo, ドイツ文化会館 OAGホール
港区 赤坂 7-5-56


11/21 18:30よりパフォーマンスの開始
ご予約の必要はありません。入場無料、途中入場可です。

Sound- and 3-Channel-Film-Installation with live performance

出演
Joachim Badenhorst (Cl,Bass Cl,Tsax)
Fumio Yasuda (Piano Melodica)
Nobuyoshi Ino (Contrabass)
Akimuse (Vocal)
Fanny Winter (Vocal)

2018/10/19 サティーのCDについてアメリカで記事が掲載。
アメリカ「RECORDS INTERNATIONAL」で記事が掲載されました。

「This appears to be the latest of a batch of Winter & Winter releases of Yasuda arrangments of Western classical repertoire. A German reivew of a previous discs puts well what Yausda does: “Its magic is rather that of making its own out of things known, of reproducing a model until, through the work of tiny mutations, something new has come into being.” Thus, for example, alongside some very deadpan and arch adustments of Satie piano pieces, we also get a slightly demented cool jazz rendering of Cinéma and a decidedly hotter and sweatier one of the Prière section of the Messe des paupers.」

Fumio Yasuda (piano, prepared piano), Joachim Badenhorst (clarinet, bass clarinet, saxophone), Julie Läderach (voice).

https://www.recordsinternational.com/cd.php?cd=05S037

2018/09/23 リコーダー曲、新作 コロンビア ボゴタにて初演
9月23日、コロンビアのボゴタでオランダの天才的リコーダー奏者
エリック・ボスグラーフさんによる
安田芙充央のリコーダーソロの新作初演があります。
HIBURAという架空の鳥をイメージした曲とTUMALAという古代の架空の女性を主題にした曲です。
どちらも4〜5分のかなり超絶技巧の曲です。

https://www.erikbosgraaf.com/agenda/#bogota-colombia

Festival Internacional de Música Sacra, de BOGOTÁ
BOGOTÁ (COLOMBIA)Festival Internacional de Música Sacra,
Museo Santa ClaraSolo program with sacred works by Jacob van Eyck
interspersed with Asian contemporary works a.o.
world premiere by Fumio Yasuda

曲解題

-HIBURA-

HIBURA is an ancient Japanese bird of Japan.That is a product of imagination.
A natural disaster occurs when the birds crow.
This song is such an illusion.

-TUMALA-

Tumala is the name of the ancient world women. Something mysterious is in the air.
She lives in a make‐believe world.Believing in the miraculous efficacy of japanese old God,
she was a mysterious woman who acted unusually.Something like that.


2018/06/18 ラジオ ベオグラードからアコーディオン・コンチェルト放送されました
セルビア共和国のラジオ ベオグラード(Radio Beograd)から安田芙充央作曲のアコーディオン・コンチェルトが放送されました。

■アコーディオン:テオドロ・アンゼロッティ, 指揮ベルント ルフ, バーゼル室内管弦楽団

下記はセルビア語での表記です。
„Koncert za harmoniku” Fumija Jasude(アコーディオン・コンチェルト 安田芙充央)
Teodora Ancelotija(テオドロ・アンゼロッティ)

各楽章のタイトルもセルビア語で紹介してくれました。

1)Nostalgija, 2)Trčanje u cirkusu, 3)Lament iz blizine 4)Poslednji hor

http://www.rts.rs/page/radio/sr/story/1466/radio-beograd-3/3171584/vek-harmonike.html

2018/04/17 ムラマツ・オリジナル・シリーズ Vol,67
ムラマツ・オリジナル・シリーズ Vol,67のために超有名な2曲の編曲とオリジナル1曲作りました。

2018年4月21日 映画シューマンズ バーブック公開〜安田芙充央のLPとCDも販売します!
映画シューマンズ バーブック  ベルリン国際映画祭カリナリーシネマ部門プレミア上映
2018年4月21日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
BARと文学と映画、そしてJAZZ
ブックフェア&CDリリースが決定!

[映画『シューマンズ バー ブック』公開記念リリース]
安田芙充央のLP「Schumann's Bar Music」とCD「Schumann's Favored Bar Songs」も合わせて販売されます。

詳しくは下記映画サイトをご覧下さい。

http://crest-inter.co.jp/schumanns/info/?p=132

「シューマンズ バー ミュージック」がLPで再リリース決定!3月31日発売!
「シューマンズ・バー・ミュージック」が LP化され、Winter and Winter Recordsから再リリースされました。W&W 917 081-7

安田芙充央 / Schumann's Bar Music 【数量限定生産】
(180グラム重量盤レコード)【LP】¥4,859 (税込)
全編ソロ・ピアノでスタンダードナンバーを弾いています。
ドイツでは2018年3月16日発売、日本では3月31日発売です。HMVの通販でお求めになれます。


2018/03/13 SAXとデュオのライブをやります。
3/13(火)吉祥寺サムタイムにて
井上”JUJU"博之さんのSAXと全編デュオでライブを
やります。井上さんは凄いプレイヤーです。
どういうことになるかわかりません。
ご興味のある方は是非お運びください。

Live Charge \1800
19:30〜/21:00〜(2set)
入れ替えではありません。

http://www.sometime.co.jp/sometime/access.html

2017/11/09 , 11/10 「Poem of a Cell」 ミュンヘン・プレミア公演
サウンド・インスタレーション「Poem of a Cell」
ミュンヘン・プレミア公演にピアニストとして出演いたします。
うち7曲ほど安田芙充央の作編曲となっております。

GERMANY: München, Rathausgalerie | Kunsthalle
German Premiere, Nov 9th, 10th and 11th 2017, 20:00:
Sound- and 3-Channel-Film-Installation with live performance
Nov 12th - 25th, 2017, 20:00 (except Mondays):Sound- and 3-Channel-Film-Installation


- Topics Board -