FUMIO YASUDA NEWS

2018/09/23 リコーダー曲、新作 コロンビア ボゴタにて初演
9月23日、コロンビアのボゴタでオランダの天才的リコーダー奏者
エリック・ボスグラーフさんによる
安田芙充央のリコーダーソロの新作初演があります。
HIBURAという架空の鳥をイメージした曲とTUMALAという古代の架空の女性を主題にした曲です。
どちらも4〜5分のかなり超絶技巧の曲です。

https://www.erikbosgraaf.com/agenda/#bogota-colombia

Festival Internacional de Música Sacra, de BOGOTÁ
BOGOTÁ (COLOMBIA)Festival Internacional de Música Sacra,
Museo Santa ClaraSolo program with sacred works by Jacob van Eyck
interspersed with Asian contemporary works a.o.
world premiere by Fumio Yasuda

曲解題

-HIBURA-

HIBURA is an ancient Japanese bird of Japan.That is a product of imagination.
A natural disaster occurs when the birds crow.
This song is such an illusion.

-TUMALA-

Tumala is the name of the ancient world women. Something mysterious is in the air.
She lives in a make‐believe world.Believing in the miraculous efficacy of japanese old God,
she was a mysterious woman who acted unusually.Something like that.


2018/09/08 ヴェルナー・ヘルツォークのドキュメンタリー映画で楽曲使用されました
ドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォークのドキュメンタリー映画で安田芙充央作曲の「Flurry(フルーリー)」が使用されました。ボストン大学教授のハーバート・ゴルダーによる監督製作、エルンスト・レイスグルのチェロ独奏。この曲はErnst ReijsegerのCD「Tell Me Everything」に収録されています。
Winer and Winer No910 151-2
https://www.amazon.co.jp/Tell-Everything-Spkg-Ernst-Reijseger/dp/B001IFVJKQ

2018/06/18 ラジオ ベオグラードからアコーディオン・コンチェルト放送されました
セルビア共和国のラジオ ベオグラード(Radio Beograd)から安田芙充央作曲のアコーディオン・コンチェルトが放送されました。

■アコーディオン:テオドロ・アンゼロッティ, 指揮ベルント ルフ, バーゼル室内管弦楽団

下記はセルビア語での表記です。
„Koncert za harmoniku” Fumija Jasude(アコーディオン・コンチェルト 安田芙充央)
Teodora Ancelotija(テオドロ・アンゼロッティ)

各楽章のタイトルもセルビア語で紹介してくれました。

1)Nostalgija, 2)Trčanje u cirkusu, 3)Lament iz blizine 4)Poslednji hor

http://www.rts.rs/page/radio/sr/story/1466/radio-beograd-3/3171584/vek-harmonike.html

2018/11/21 Poem of a Cell 日本初演
UP COMING
2017年7月スペインでおこなわれたハイネケン・ジャズ・フェスティバルでワールド・プレミアされた衝撃作!
マルチ・チャンネル・フィルムによるサウンド・インスタレーション「Poem of Cell」が
ミュンヘン、イスラエル・ハイファ, フランス・ボルドーでの上演を経ていよいよ東京初演の運びとなりました!
詳細は又お知らせいたします。


SOUND AND MULTI-CHANNEL FILM INSTALLATION

Stefan Winter
»Gedicht einer Zelle (Poem of a Cell)«

JAPAN: Tokyo, ドイツ文化会館 OAGホール
Nov 21st, 2018:
Sound- and 3-Channel-Film-Installation with live performance

出演
Fumio Yasuda (Piano Melodica)
Joachim Badenhorst (Cl,Bass Cl,Tsax)
Nobuyoshi Ino (Contrabass)
Akimuse (Vocal)
Fanny Winter (Vocal)

2018/04/17 ムラマツ・オリジナル・シリーズ Vol,67
ムラマツ・オリジナル・シリーズ Vol,67のために超有名な2曲の編曲とオリジナル1曲作りました。

2018年4月21日 映画シューマンズ バーブック公開〜安田芙充央のLPとCDも販売します!
映画シューマンズ バーブック  ベルリン国際映画祭カリナリーシネマ部門プレミア上映
2018年4月21日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
BARと文学と映画、そしてJAZZ
ブックフェア&CDリリースが決定!

[映画『シューマンズ バー ブック』公開記念リリース]
安田芙充央のLP「Schumann's Bar Music」とCD「Schumann's Favored Bar Songs」も合わせて販売されます。

詳しくは下記映画サイトをご覧下さい。

http://crest-inter.co.jp/schumanns/info/?p=132

「シューマンズ バー ミュージック」がLPで再リリース決定!3月31日発売!
「シューマンズ・バー・ミュージック」が LP化され、Winter and Winter Recordsから再リリースされました。
W&W 917 081-7

安田芙充央 / Schumann's Bar Music 【数量限定生産】 (180グラム重量盤レコード)【LP】
¥4,859 (税込)

全編ソロ・ピアノでスタンダードナンバーを弾いています。
ドイツでは2018年3月16日発売、日本では3月31日発売です。
HMVの通販でお求めになれます。

2018/03/13 SAXとデュオのライブをやります。
3/13(火)吉祥寺サムタイムにて
井上”JUJU"博之さんのSAXと全編デュオでライブを
やります。井上さんは凄いプレイヤーです。
どういうことになるかわかりません。
ご興味のある方は是非お運びください。

Live Charge \1800
19:30〜/21:00〜(2set)
入れ替えではありません。

http://www.sometime.co.jp/sometime/access.html

2017/11/09 , 11/10 「Poem of a Cell」 ミュンヘン・プレミア公演
サウンド・インスタレーション「Poem of a Cell」
ミュンヘン・プレミア公演にピアニストとして出演いたします。
うち7曲ほど安田芙充央の作編曲となっております。

GERMANY: München, Rathausgalerie | Kunsthalle
German Premiere, Nov 9th, 10th and 11th 2017, 20:00:
Sound- and 3-Channel-Film-Installation with live performance
Nov 12th - 25th, 2017, 20:00 (except Mondays):Sound- and 3-Channel-Film-Installation

2017/08/18 サティCDがレビュー掲載されました。
CD「Fumio Yasuda :Musique d'entracte」について
Gapplegate Classical-Modern Music Review というサイトにて、レビューを掲載いただきました。

このCDは TOWER RECORDS よりお求めになれます。



- Topics Board -